最近、総じてどの自動車保険を取り扱う会社も値段引き上げに転じつつあります。運転者を守る自動車保険が料金を値上げしてしまうなどという事態が起こってしまうと、直に被保険者の暮らしにとても甚大な衝撃を与えると考えられます。それでは、なぜ運転者を助ける自動車保険が値段つり上げされているのでしょうか。そのことの原因として明言できる事には大雑把に2つあるのです。まず第一にお年寄りの自動車持ちが年々数を伸ばしているからです。自家用車両を所持しているのがごく当然の状態になってしまった故、お年寄りの乗用車所持者も増えつつあります。また、全国的な傾向として超高齢化社会を迎えつつあるという趨勢があってこれからさらにお年を召した乗用車持ちが大きく数を伸ばしていく時勢なのは間違いありません。老年期の場合一般的には月々の掛金が低く定められている故、会社にとってはあまり積極的にしかけていく理由があるとはいえません。どうしてかと言うと保険の料金が安価なのに自動車事故などのトラブルを処理する必要が出てきた場合コストに見合わない補償費を被保険者に払わなければならないためです。こういった場合、リスクが大変に高くなると判断されるため保険会社は保険料を高値に設定するという手段を取らざるを得ません。続いて、2番目の原因として考えられる事は、比較的若い年代の乗用車所有への興味のなさにあると言わざるを得ません。高齢者の運転手は増加している傾向にありますが、反対に比較的若い世代は車というものに乗らなくなりつつあるのです。そのようなウラ側には何があるかと言いますと地下鉄などの交通機関の整備と彼らの経済事情に関わることなのです。収入の安定した仕事にありつくことが叶わない若年者が多いために自動車を入手する経済的な余裕がないといった人も存在します。さらに、経済的に余裕があった一時代前の考え方であれば、マイカーを乗り回す事が一般人にとってのステータスだと考えられていましたが近年ではステータスであるなどとは言明しづらくなってきたのが現状です。こういった理由で月額の掛金がお歳を召した方に比してコスト的に割高な若者の契約数が年々減っているのです。そのようなことが累積した結果自動車損害保険会社も保険料増加に向かわざるを得ないのだと推察できます。