自己破産という法的手続きの特徴は端的に定義すると破産の裁定を下された時点での自己破産申請者が持つほとんど全ての財(生活になくてはならないものだけは保持しておくことを許されている)を押収される代わりに、すべての返済義務が免責となるものです。破産宣告を実行した後働いて得た月給や新たに所持したお金を借金返済に使用する必要、支払い強制力一切なく借り主の再出発を図るために整えられた法的制度となっています。借金弁済に関する問題を抱える方が多くの場合抱えている不安の一つには自己破産申請をしてしまうことに対する心理的不安があります。勤務先に知れ以降の人生に悪影響をこうむるのではというように感じる人々がとても多いのですが事実として心配すべきような不利益はないといえます。破産の手続きは多くの借金借金超過によって社会的生活の維持が困難な債務者を救済する為に国家的に制定した法的制度です。自己破産が認められた人間についてはそれ以降の日常の中で不便を及ぼすようなことはあまり無いように定められた制度といえます。一方で自己破産手続きを行うにあたっては満たしておかなくてはならないような決まりがあることに気をつけましょう。何かと言うと返済義務のある借金を返すのが無理(弁済不能な状態)にあるという民事的な判定です。借金の額または手取りの収入をみて申し立てを行った人が返済不可能な状態と司法機関から認められた場合自己破産をすることができるのです。一例では、破産希望者の債務総額が100万円であることに対し一ヶ月の給料が10万円。このときには債務の返済がほぼ不可能であるため借金の返済が不可能だと判定され自己破産というものを執り行えるようになるとされています。無職であることに関しては制度上あまり参考にはされず、自己破産申立ては通常通り給料を得たとしても弁済が困難であるという状態の者に適用されなければいけないという前提があるので働くことが出来る状態で、働くことの出来る環境にあるということであれば未返済金などの債務のの全体が二百万円にまで到達しない際は破産手続が突き返される可能性があります。