FX投資をはじめたばかりの方が市場の重要なところを見つけるには第一に取引を積み重ねていく事が不可欠です。未然に危険性を予期するようにするようになるには、負けを積み上げることも体験のひとつです。とは言うものの、ミスをするといっても再起できないほど大きな負けをしてはいけない。やり直しが効く負けを幾度か体験することが最後に自らの経験値を高めてくれるはずです。れを考えると、とりあえずは少額資金で売り買いをして、それによって数度小さめのマイナスを経験することを推奨します。例えとして、100万円だけしか資金がない場合、いきなり一円も残さないで賭けて注文すると、ミスした時、二度とやり直せない怖さがあります。それよりは、一例として10万円ずつ売り買いしてそれによってマイナスやプラスを積んだ方が、所徐にマイナスを埋め合わせる方法なども身についていくはずである。最初に少ない額で投資することの良いところは己の経験値を高めミスを管理する手法を身につけることにあるがそれと合わせて、エントリーの回数を繰り返して、偶然性を少なくできるという長所もあります。想定として、1回だけのトレードで勝てる可能性が二分の一だと考えます。この条件では、同じ条件で損失を生む危険性もあるということになります。勝率5割ということは。五分五分の比率で勝利できる事を表現しています。だがしかし、全ての投資資金を投資して1度のみの勝負をするということははっきりとした勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。それではただ1度の丁半バクチと同じ。要するに、全てのお金を投入して1回しか売買しないとマイナスになる可能性が高まってしまいます。だからこそ、投資するお金を全部使うのではなく何回もに分けて、投資経験を増やす事がリスク分散となる。また数回に分けたとしても全てのエントリーで儲ける必要はありません。勝利する事が出来ないのが実際のところです。勝負で大事なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのように稼ぐかです。勝率が2分の1でも、またそれ以下でも稼ぐ事は出来ます。それ以上負けても損がわずかであれば3割の勝ちのプラスの大きさだけで相当利益を上げられます。そのために大切な事はマイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。損失が生じたらすぐに損切り注文して、それとは反対に儲けられる時は出来るだけ大きく儲けることが外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方がFX投資で成功する秘訣です。