クレカの強制失効とはその名が指すとおり一方的にクレカを没収(停止)されてしまうこと。没収になってしまうと当たり前だがそれらのカードがその時から使用不可になります。没収扱いとなる事情は様々》クレカを理由の如何にかかわらず退会させられる事象は多岐に渡ります。一般的にはいつもの購買において決済するなど特別なことなくカードを用いている限りにおいては、ユーザーが強制失効扱いとなるケースなどというものは十中八九ないので安心して欲しいですが、強制失効となる理由について覚えておくということによりクレジットカードが更に気持よく使用できる形になると思うためこの文章ではケースの具体的な話について紹介できたらなと考えます。何よりも言えるのはクレジット会社からの信頼を失ってしまう行為をしたりであったりクレジット発行会社の不利益となりうるような取引をしなければまず強制没収などはありえないと言ってよいでしょう。安心して利用するということが第一なのでこれまで当てはまる類の行動をやってしまった心当たりのおありの読者はこれ以後はしっかり良好なデータになるように考えて欲しく思います。カードの使用料金を返さない>このケースは甚だ言わずもがなのお話ではあるが、クレジットで使った請求をクレジットカードの発行会社に支払いをしないカード代金の不払いをしてしまう、もしくは日頃からの残高不足のため利用料金の支払いをできないといった場合には必ずと言っていいほど強制失効という扱いになってしまうようになります。基本的にカード会社は契約者のことを信頼しているからこそカードを契約しているのであるから、あなた自身が弁済を実施しない限りにおいては積み上げた信用は見事に消えてしまうでしょう。結果として、カードを利用できなくする手段でさらなる被害拡大を防止する行動を講じるので強制失効になるわけです。