あいにく現代ではきわめてまれにある場合を別にして商品券販売店でショッピングをしてもクレジットカード払いができる店なんてものはないです。そういう事でVISA、NICOSなどの券を使用した直接でないカードのやり方は現実的に用いることができないだと思われます。じゃあなにを用いれば間接的クレジットカードができるのでしょう?と聞かれればそのやり方とはこの頃、流行りの電子マネーであるEdy(エディ)、iD、QUICPay、だったりICOCA、VISA Touch、nanacoなど。実のところ、そういうものを駆使して直接でないクレジットカードをやってみるという事も可能なのです。Edy、Smart Plus、とかSuica、VISA Touch、nanacoなどはクレジットカードで買い取るという事ができるのギフト券:Edy(エディ)、iD、だったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどに精通していない人から見てみたら、面倒くさいイメージを連想するかもしれませんが、こういう電子マネーはいうならただのギフト券なのです。VISA、American Express、NICOSなどののギフト券と全然ズレはないです。その上それらの電子マネーというものはクレジットカードを利用してたやすく買い付けが可能なのが利点の一つです。またそれらの電子マネーは目下オンラインゲームの支払い筆頭にドラッグストアや様々なショップなどといった所でも活用可能なようになってきている。「当売店の物品を買うにはクレジットはご運用になることができません」といった感じで表記している販売店においてもEdy(エディ)、だったりICOCA、nanacoなどを使うなら活用できる例が多いのです(カードポイントが確実に得られる)。要約するとクレジットが扱われていない店で段階を踏んでクレジットカードを用いる技で、カードポイントをもらえる分を得してほしいというテクニックです。普段通りショッピングを楽しんでいるだけではゲットできないクレジットポイントであるから、何としても駆使しちゃって下さい。