間接的クレジットの仕方は簡明です。肌を白くする方法

クレジットを利用して直接購入できないものを直で取引するという手法ではなく間接的に買い取りすればより得策です。

解説が簡素な事により商品券のモデルを用いて解説してみたいと考えます。

例になる人がブランドバックを手に入れたいと迷ってじっとしています。

欲しがっているブランド財布を販売している場所だとクレジットカード使用払いが出来ません。

一方American Express、Diners clubなどの券を使えば取引する事を許容してくれるようなのです。

そこで例にあげようとしている人物はカードで商品カードを発注する事ができる金券ショップに足を運びクレジットを用いてJCB、NICOSなどの券を買い付けするとします。

そのあと使用したカードを使用して買い取ったDiners clubなどの金券をショップに手に持ち訪れ、買いたかった有名な銘柄のバックを買ったとします。

「どうしてその若者はそのような負担のかかる方法をするべきなの?」と考える人もいるでしょうが、実は先ほど示した手段を運用するのであれば本来だったらもらえる事はなかったクレジットポイントがつきます。

普通に、直接お金を払って価値のある財布を買い付けしたりした時はローンポイントは貯まりませんしJCB、Diners clubなどの金券をキャッシュで買い取りして使ってもクレジットポイントは手に入れられません。

しかしながら今示したケース、JCB、MasterCard、NICOSなどの商品券をクレジットで買い付けしたという理由で、有名な銘柄のコートを取り寄せしたときと同じような分のカードポイントが獲得できるようになるのです。

こういう状態が間接的にクレジットカードを利用した事であるという根拠により直接でないカードと言われる方法です。

  • Copyright © 2012 www.panamarafter.com All Rights Reserved.