直接的でないクレジットカードの手順は易しいです。ナールスピュア のお試しはこちら

カードでストレートに購入できない物品をダイレクトに支払うのではなく遠まわしに使って買い付けしたら良いのです。

理屈が簡素という根拠により最初にギフトカードの実例を利用して話してみようと思います。

ある男性が有名な銘柄のアクセサリーを欲しいとそれを見つめて立ち止まっています。

有名なコートを売っているショップでは購入したくてもクレジットカード使用で買う事が不可能です。

しかしNICOSなどのギフトカードを用いるなら取引する事を許容してくれるようです。

そこでモデルになる人物はクレジットカードを使用してギフト券を発注してしまって金券カードを売っている店舗に足を運びクレジットカードを利用してJCB、American Express、Diners clubなどの券を購入しました。

そして使ったクレジットを使用して購入したAmerican Express、Diners clubなどの券をショップに持参して訪ね買いたかった高価なバックを注文したとしましょう。

「なんで金券でそれを購入した若者は上記のような面倒くさいことしているの?」と訝しむ人もいるでしょうが実際先ほど示した方法を運用するとであったら獲得することのなかったクレジットカードポイントが得られます。

いつものように、現金を使う事で有名なバックを注文したりした場合であってもローンポイントはつきませんしVISA、Diners clubなどのギフトカードを直接お金で発注した後に利用してもカードポイントはゲットできません。

ところがこの例の時であるならMasterCard、Diners clubなどののギフト券をカードで買い取りしたという理由で、ブランド服を買い付けしたときとつりあう分だけクレジットポイントがつくようになるのです。

これが直接的でなくクレジットカードを使った状態になっているという理由により直接的でないカードと呼ばれている手法です。

  • Copyright © 2012 www.panamarafter.com All Rights Reserved.