お店にて使用する場合、もれなく感じたことがおありかと思うのだが、店頭の人が慣れていないことでどの明細を客に提示するのか迷う時があるかと思います。登録販売者

というのは、クレカを利用すると、レジの方から3枚の使用レシートというものが出されるからでありこのレシートのうちどのレシートをお客さんのもとへ渡して良いのか迷ってしまうということがあるのです。膝腰にスポーツタイツCW-X

数枚の明細について●上記の3枚のレシートの解説とはいかなるものなのかをまとめると↓の内容になります。

1利用者へ保管してもらう利用明細。

2店舗控え用の利用レシート。

3クレジットカード会社控えレシート(署名を行う明細)。

通常であれば絶対お客様のもとへ渡さなければいけない明細レシートを受け取るはずなのですが、ごくたまに、店舗で保管する紙をお客様のもとへ誤って渡すケースであったりサインした方のレシートを渡すというような重大なミスさえも存在します。

特にバイトの従業員であるとか、さほどカードというものが使われることのないショップでクレジットカードを利用すると店舗スタッフの焦りが垣間見れるだろう(笑)。

今後レジ担当者が誤った方の利用レシートを渡そうとした場合には、怒りを抑えて「これじゃありませんよ」と一言直して上げて欲しい。

  • Copyright © 2012 www.panamarafter.com All Rights Reserved.