自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険と言い通称自賠責保険と言われるものです。

この自賠責保険は属に、強制保険とも呼ばれていて車を定期車検に出す時は、定められた期間内に有効な自賠責保険に加入している必要があります。

つまり、すべての車は加入が必要だという保険です。

では車が自賠責保険に入ったまま売った時にはどうでしょうか。

強制保険は車検の際に更新されるというケースが少なからずあるものですが、もし強制保険(自賠責保険)に入ったままのクルマを手放した際は払った金額が返金されるということはありません。

というのも自賠責保険を一回抹消して新たな買取相手にシフトする作業はやや面倒くさいのです。

なので、自動車損害賠償責任保険は、名義変更をした後に車とともに手放すというのが基本です。

しかしながら、それと同じだけの価格を買取金額に乗せてくれるのです。

強制保険というのは自動車税と違って支払った額を月単位で割った金額が返金されるやり方ではなく、見積額に上乗せといった手法を使うのが基本なのですがこれが見積もり表に明記されることは珍しいです。

ですので、買取時には強制保険(自賠責保険)を考慮した額が見積額に反映されているかを確認したほうがいいでしょう。

自らが支払った金額がどの程度の額かを知っておけば間違いはないといえます。

それぞれの自賠責保険の加入保険料に関しては、加入していた期間によって違ってくるので注意してください。

車の売却の際には自賠責保険の名義書き換えをしなければなりません。

もしもこれをしないままにしていたら保険会社からあなた宛てに保険期限の満了を知らせる便りが来てしまいます。

手放すか悩んでいるマイカーがより正確に判断され高額で査定されることを応援してます。

  • Copyright © 2012 www.panamarafter.com All Rights Reserved.